014887
画像投稿掲示板
ご遠慮なく投稿してください

[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
添付File  最大 3MB まで
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

グルメ会での43会の面々 投稿者:たまっち 投稿日:2017/12/10(Sun) 21:12 No.139  

近江今津の旅籠「丁子屋」



酒とゲームとイラストと。 投稿者:薮内雅明@上海 投稿日:2016/11/22(Tue) 23:00 No.138  

絵6657447576726
あっ!もう少しで神戸ルミナリエw



水都大阪2009(No.2) 投稿者:河合 投稿日:2009/09/29(Tue) 23:28 No.22  

水都大阪2009の写真もう一枚添付します。先程の風車より少し上流に建築家がデザインした竹大架構空間「BAMBOO FOREST」があります。その架構空間に砂で造られた城があります。砂とは思えない精巧さです。他にもオブジェが沢山あります。



Re: 水都大阪2009(No.2) 河合 - 2009/09/30(Wed) 08:56 No.23  

風車より少し上流は誤りです。上流へ行くと川の中へドブンです。風車より少し下流にあります。


まるで我が子のように熱い気持ち... 投稿者:河合 投稿日:2009/07/31(Fri) 16:22 No.11  

初めて親の手伝いで買い物に行き、無事に買い物を終え、帰路を急いだせいか石につまずいて転び、脛と手のひらに血をにじませ、さらに水溜りに入り靴と足を濡らして涙を流しながらも、しっかり買い物を手に持って母親の待っている我が家に急いでいる子供がイメージされて熱い気持ちになった。
小惑星「イトカワ」に着陸して土壌を採取し、地球に持ち帰る任務のために探査衛星「はやぶさ」は2003年5月に打ち上げられた。約20億キロを旅して「イトカワ」に到着したのであるが、着陸時にバランスを崩して倒れ、この時の衝撃で燃料漏れや機器の故障があいついでいるが、満身創痍となりながらも懸命に今も我が家(地球)に向かって宇宙を飛んでいるようだ。来年6月に帰還する予定。添付写真は「はやぶさ」と「イトカワ」を画いたポスターです。
今、大阪市立科学館で「はやぶさ」の映像を公開している。感激すると思います。



Re: まるで我が子のように熱い気... 河合 - 2009/08/22(Sat) 23:45 No.15  

非常に遠くて極めて小さな『イトカワ』まで行った理由を知り得た範囲で説明しておきます。地球そして近くの月や火星は誕生後表面が溶岩にさらされたために、表面の岩石は太陽系が誕生した頃の状態をとどめていないそうです。その点小惑星『イトカワ』は溶岩にさらされることもなく約46億年前の状態をとどめているようだ。しかも小惑星の中では珍しく地球に接近する楕円軌道をしている。そこで地球に接近する時を狙って太陽系誕生の手がかりとなる石や砂を採取して地球に持ち帰ろうとしているのです。成功すれば人類が初めて月以外の惑星、衛星から石、砂を持ち帰ったことになります。『大きな一歩』なることを願っています。


Re: まるで我が子のように熱い気... 河合 - 2010/02/28(Sun) 20:26 No.45  

『はやぶさ』はようやく月より地球に近い軌道に戻ってきたようだ。エンジンのほとんどが故障しているらしいが、故障したエンジンを繋ぎ合わせながら何とかここまで辿り着いた。もう少しだガンバレ!このプロジェクトに参画している技術者はそんなに多くはないと想われるが、彼らの執念、熱意や能力には感心するよ。日本の技術者がもう少しで凄いことを達成しそうだ。


気分爽快!(U) 投稿者:河合 投稿日:2010/04/05(Mon) 14:21 No.50  

もう一枚追加です。
今年もまだ楽しめると思います。
推薦の桜です。

[1] [2] [3] [4]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Arranged by FUKUCHAN