071012
高高関西四三会掲示板
高高関西四三会の掲示板です。お気軽にお書き込み下さい。
[ホームページに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
イメージ (あなたのイメージを選択して下さい) [画像イメージ参照]
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

追記(予算は・・・) 投稿者:しのはら 投稿日:2018/08/05(Sun) 15:55 No.532  
コースで飲み放題で五千円位です。よろしくお願いいたします。


ミニ四三会実施の連絡です 投稿者:しのはら 投稿日:2018/08/04(Sat) 10:42 No.531  
題名に付き以下のとおり連絡します。
  時;8月9日(木)5時集合  場所;南海電車難波駅3F北改札口出たところ
  ※お店は予約していません(予算も未定)参加者は今んとこ3名
以上連絡します。暑い中ではありますが参加される方は篠原携帯までよろしくお願いいたします。


甲子園に向けて 投稿者:しのはら 投稿日:2018/07/21(Sat) 16:53 No.529  
今日、夏の高校野球香川県大会準決勝で我らが母校高高野球部は7対6の逆転勝ちです!いよいよ明日12時30分から丸亀城西と決勝戦です。
そこで! 来たる8月9日(木)夕方難波で植田君と祝勝会を開催することとなりました。なんばパークスあたり(詳細未定)で実施します。
参加できるかたは今月中に篠原の📱09099981487にCメールください。取り急ぎ連絡まで、よろしくお願いいたします。


その後の植田君 投稿者:しのはら 投稿日:2018/07/12(Thu) 12:10 No.528  
昨日、植田洋二君に会ってきました。南海泉北高速和泉丘駅の改札口まで、電動車椅子で迎えに来てくれて、暑い中本当に恐縮です。というのも朝から図書館に行って新しい勉強のため、本を借りそのあと食料品の買い物をしてから駅まで来たとのこと、私も事前に彼に「何か必要なものが有れば買っていこうか?」とメールしたのですが「大丈夫、買い物は自分でやってるしどうしてものときはヘルパーに頼む、篠原は到着時刻だけ知らせてくれ」ということでした。
要するに彼は「自分でできることは自分でやる、頼むときは頼む」ということで、前回(初めて彼の家に行った時)と同様南海バスで彼の家まで行きました。やはり問題は「階段」です。向かって右側に「手すり」がついているから少々時間がかかっても玄関までいけるのですが、左側に手すりがついていたらどうするか?いや「昇り」はそうであっても「降り」はどうなるか?介助者はどこまで手助けできるのか?…
「まずは暑いしビールや」「リハビリやっててアルコールはええの?」「飲むことがリハビリや」「そうか!」てなわけで、また他愛もない会話のあと、「そうや植田!俺は飲みに来たんとちゃう、段ボール箱の片づけに来たんや」と言いながらふすまを開けると前回「探し物」をしていた時のまま、ムッとした熱気が伝わって来ました。
「今度頼むわ、今日はええ、クーラー付けてるからはよ閉めて!」…日本酒の冷やもうまかった。それにしても彼は私以上に飲むわで、こんなんでリハビリになるんかなーと心配?しました。ああ、彼は元気や、それとも「虚勢」かな?いややっぱり元気や。


もう1件、別件追加 投稿者:しのはら 投稿日:2018/06/27(Wed) 15:16 No.524  
たまに問い合わせのある件です。
植田君の連絡先は、約12年前に彼自身がこの掲示板に投稿されていたのでご参照ください。ただし住所が異なっているので下記の通り・・・大阪府堺市南区高倉台3丁1番11−203です。
私との連絡は携帯電話で、専らCメールでやりとりしています。
パソコンは現在休憩中です。因みに私のケータイは・・・大した個人情報でもないので以下の通り
090−9998−1487です。 
以上何かあれば、連絡ください。


伊佐君、香川君ごめん! 投稿者:しのはら 投稿日:2018/06/23(Sat) 21:23 No.523  
3年8組の出席者に追加します。
早く気付いて良かった。会った早々二人とも挨拶していたのに完全に失念していました。申し訳ございません深くお詫びいたします。
   伊佐信幸君  香川良民君 のお二人です。


50周年同窓会その2 投稿者:しのはら 投稿日:2018/06/23(Sat) 17:02 No.522  
下にある分の続きです。トイレに行っている間に、壇上には関西四三会のメンバーが紹介されていました。札幌からの学会から少し遅れたけど筒井君ほんとにお疲れ様です。慌てて皆と一緒に並んだけど全部で十数名くらいだったかな、関西四三会の出席人数はこんなもんかというところです。
あっという間に時間は過ぎていき、いよいよ応援団の出番です。今日は東京から伏見君の参加もあり、大変心強くやはり応援団は一人よりも二人よりも三人よりも・・・団長を二期も務めた(事情があって第十九代と第二十代)彼はあの有名な東京玉翠会で要職を務めているとのこと、冒頭に応援団(二人しかいない)を代表して挨拶をしてもらいました。
以下、朝日輝く、効果あいや校歌、天に二つの、高高の4曲を彼と二人でリードしましたが、3曲目の天に…は私の独断と応援団の特権で、六甲おろしのメロディーでやったところ、大いに盛り下がって後で文句を言った同窓生(ヤクルトフアン)もいたようです。そりゃあこんなにたくさんの数がおればカープ女子やDNAもいるでしょう。
ま、概ね応援団は団長のお陰もあり無事終了って感じでしたか。
さてそのあとは挨拶等で一旦中締めとなり二次会へと流れて行きます。取り合えず植田君とハズキに行き、ここでは2年の時一緒だった、いや、一度も同じクラスになったこともなかった佐藤信介君(字がちゃうかもしれん)と話ができました。彼との共通点は「浜松」です。長くなるので次。
もう一つキャランはEVがなく階段を5段位までいったところで断念、二人でホテルまで帰りました。
翌朝は梅雨時にしては好天で日差しも強いくらいです。九時頃伏見君が来て婆が池にある植松君の墓参りにいきました。二宮君もきてくれた。3人で校歌を歌って合唱いや合掌、ジュンちゃんもきっと喜んでくれたことでしょう。念のため植松順一君は同じ応援団員で今年で早いもので7回忌を迎えたところです。
そのあとうどんを食べて、植田君伊佐君東原君伏見君と私の5人でまた飲んで解散、二人でマリンライナーに乗り、新大阪でまた飲んで大阪メトロの梅田駅の中で彼と逸れてしまい、まあいっかてな調子で私は家に帰りました。約2時間後、彼から堺の家に着いたとCメール届いて一件落着ということになりました。
以上楽しい時を過ごすことができ、みなさん、本当にありがとうございました。
私個人的には会って話をしたかった人がもうあと
数名、残念ながら160人もいたら多すぎて見つけることが出来ず、次回のチャンスを待って今度は絶対に会うぞと誓った次第です。また会える日を楽しみに、四三会のみなさん、これからも元気で頑張っていきましょう!!!


卒業50周年記念同窓会 投稿者:しのはら 投稿日:2018/06/23(Sat) 10:59 No.521  
題名につきまして一昨日、レグザムホールで160数名の参加のもと盛大に行なわれました。「記憶が飛んで行かない」うちに筆を取りました。そうです、「昔のことはよう覚えとるが昨日のことは、いや5分前のことももう忘れとる」からです。はよ書かんと!
まず6月21日正午、新大阪駅で植田君と待ち合わせ(彼は堺市南区から車いすで参加)新幹線の指定席は「多目的室」で内側から施錠でき(安全面での配慮か?)=岡山まで四五十分なのでカギはいらんと思うが、二人で過ごすとあっという間、もう少しの間一緒にいたいなどとは思わず、ただ私にとっては初体験のことでした。
高松に着いて少々時間があったので、中央通り沿いのホテルにチェックイン後、会場へと向かいます。途中で我らが3年8組の木村君に会ったりして、ほかにもそれらしき人もいたが声もかけず、久しぶりの玉藻城と海の匂いに浸ってきょろきょろいると車いすの方が先に行ってしまう、早足には自信があっても彼のスピードに付いていけない場面もあるが、問題はやはり「段差」で食事の時(うどんのみだが)店の前の勾配や入口の巾等で、それらによってその店のうどんが食べられるかどうかという問題です。
さて会も始まり挨拶、乾杯と進みしばし懇談、我らが3年8組は順不同ですが中川、木根戸、松見、篠崎、三好、木村、東原、他にもいたかも知れませんが誤字等あったらごめん、私も入れて約十人です。160人÷16組=10人やからほぼ平均か・・3年3組のみなさん、どうでしたか?植田君から写真もろた?思い出のセピア色(まではいかんけど)の海水浴の写真は傑作でしたか。
さて私は来賓の先生の中、1年13組の担任で地理のクビフリチャード小松先生に挨拶に行きました。「応援団か・・」先生覚えてくださりありがとうございます、ついでに高高入学の前の年の夏に先生の母校今治南と甲子園出場をかけた高高との決勝戦の話もしてくださいました。勿論地理の授業も楽しかったです。・・・ちょっとここで休憩。


探し物が見つかりました 投稿者:しのはら 投稿日:2018/06/11(Mon) 22:38 No.520  
今日、植田君のところへ行ってきました。住所の番地が違っていたので少々戸惑いましたが無事到着、早速「探し物は何ですか?」となって約一時間ほどで段ボールの中から彼が「これ
や!」と見つけたのは十数枚の同じ写真です。
どんな写真かというと3年3組のときの十数名の集合写真で、彼いわくみんなに渡そうと思ってずっと持って預かっていたが、渡しそびれて50年も経ってしまった、6月21日に渡すとのことです。3年3組の皆さん楽しみにしててください。
それと段ボール箱の整理と同時に不要になった電化製品等の回収の軽トラックが通りかかり,これ幸い渡りに船で、業者に五千円と吹っ掛けられて五百円に値切った彼はまだまだ大丈夫です。あれやこれやとあっという間に過ぎた楽しい時間でしたが、そうそう、彼はなんと幼稚園の卒園アルバムも持っていて、その中に私の写真まで見つけ出したのです。
しょうもない話ばかりですが、どれもこれも懐かしく思われ50年以上も前の昔に戻った二人の爺さんでした。
それでは皆さん、少しでもたくさんの参加者が多く集まるようにと植田君からの伝言です。まずは、6月21日を楽しみに、みんな元気で逢いましょう!!


植田君に会ってきた 投稿者:しのはら 投稿日:2018/06/04(Mon) 23:16 No.519  
毎度!前回の50周年記念・・の続きです。今日彼の家へ行ってきました。
まず、私のところから阪急大阪メトロ、南海電車でなんと55分で着き、なんと駅まで彼が車いすで迎えに来てくれ、大変恐縮した次第です。
ステーションビルの店内で久しぶりの再会を祝しビールで乾杯、たわいもない会話が行ったり来たりですがそのうち、彼の家で探し物を手伝ってほしいとの話になって、バスで行くことになりました。
私は最近大阪シティバスをよく利用するようになって、見慣れた光景ですが、運転手がテキパキと乗車口から台を引き出しスムーズに車いすを載せて固定し、「どこのバス停で降りますか?」とその南海バスの運転手が私に聞いてきました。
すかさず植田君がバス停名を答えてくれてたのでことなきをえましたが、本当なら付き添う者としては失格です。大阪シティバスでのよくあるこの場面を私はただただ、眺めていた自分が恥ずかしくなった次第です。午後二時頃の始発駅での場面でしたが先に乗った十数名の乗客は、我々四三会の年齢よりももっと年配の人たちでしたが、みんなにこにこしてるような、いや、無表情のようなよくわからない雰囲気でした。・・・
さて、彼の家では「探し物」がはじまりました。それは「なんでも」高高一年の時の体育祭(屋島の陸上競技場やったなあ、懐かしい・・)のときの「お宝もの」らしく、いっぱいある段ボールの中にあるそうです。無造作に積み上げられている箱や箱から出ているものや、からの箱まで・・・
「お宝もの」とはどうやらたくさんの「写真」だそうです。
結局見つからず、時間切れとなり、1週間後に再度チャレンジすることになりました。彼いわく「見つかったらそれを皆に見せてやりたい。見つからなかったら俺は同窓会には行かない、とまで言い出す始末です。ああ、大変なことになったぞと私はもう夜も眠れません。
以上夜も更けてきましたが、植田君にどんなことでもいいから掲示板に書いといてくれと言われたのでできるだけ事実に忠実に書いときました。
以上、また今度!  あ、それから50周年、もっと参加者がたくさんになるように!と伝えて欲しいとのことでしたので。付け加えておきます。 今度はほんまに以上です。


五十周年記念に向けて 投稿者:しのはら 投稿日:2018/05/28(Mon) 16:45 No.518  
毎度、お騒がせ致しております応援団の篠原です。そろそろ入梅の頃四三会の皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さてさて題名の件につきましては、来月21日開催ということで、そわそわワクワクしているのは私だけでしょう・・か?
上野会長をはじめ幹事世話役の皆様、誠にありがとうございます。高高関西四三会からも多数の参加を予定しておりますのでよろしくお願いいたします。
なかでも植田洋二君(氏名の字が間違ってたら後免)から私の携帯に電話がありましたので紹介させていただきます。
彼とは高高時代よくあるパターンで一度も同じクラスになったこともなかったと思うし、彼のヨットに乗せてもらったこともないし、また大声を出す練習を一緒にしたこともない。
しいてゆうならば、50年どころか60数年前に桜町の聖母幼稚園で一緒だったことを今から十数年前、関西四三会で話したことを思い出しました。
ああまた、昨日今日のことはすぐ忘れても昔のことはよう覚えとるなと浸っている自分が変だなあと思っています。
まただらだらと書いてすみません。電話をくれた植田君と21日は新幹線とマリンライナーに乗って高松へ行くでえー!


グルメ会 投稿者:たまっち 投稿日:2017/12/10(Sun) 17:30 No.516  
 12月9日、今年2回目のグルメ会が開催されました。
行先は近江今津の旅籠「丁子屋」。大阪と京都からJRに乗り、
修学旅行よろしくワイワイと目的地まで…。気温は低かったものの風もなく穏やかでした。帰りの買い物を物色しながら目的地に着きました。
 琵琶湖の見える部屋に入り、二つのテーブルに座りました。まず、本もろこと舌の上でとろけそうな鰻の蒲焼きを炭で焼きながら、鯉の洗い(臭みは全くなし)と稚アユの佃煮をいただきました。次に仲居さんが大量のネギを鍋に投入。そこにきのこ類や焼き豆腐を入れ、蓋をして待つこと2〜3分。そして水分が上まであがってくると、ほん鴨をどっさり入れ、砂糖・醤油で味付けをして待つこと暫し。なんとも美味しい鴨すきの出来上がりです。〆はうどんで、お腹もいっぱいになって幸せ顔になりました。帰りは道中それぞれおみやげなども買い、帰りの電車に乗り込みました。
 今回、出席がかなわなかった人も次回は是非おいでください!


Re: グルメ会 kick - 2017/12/26(Tue) 15:17 No.517  

食ルポライターになれそう!なレポートです。楽しかったですね。


関西玉翠会が開催されました 投稿者:しのはら 投稿日:2017/10/22(Sun) 17:33 No.515  
毎度!今年も関西玉翠会が昨日10月21日(土)ザ・リッツ・カールトン大阪で開催されました。
我らが43年卒の出席者名は岡、加藤(小川)、菊池、北山、筒井、日野(梶原)そして篠原、の7名で玉翠会全体では302名という久方ぶりの大台に乗り参加人数も回復基調にあるようです。
今年の幹事年の61年卒業のご努力もあって、内容にも工夫の跡があり、例えば、特集「高高キラビト」という現役の高高生に始まり各年代別に活躍している卒業生の紹介コーナーが有りました。
その中でも「フレッシュマンキラビト」の代表として平成22年卒の六車さんが紹介され、現役時代に応援団長として活躍し現在は私の出身中学でもある桜町で社会科担当の教師をしています。彼女は京大在学4年間毎年、関西玉翠会にも出席してコンバットマーチや校歌などをやってくれたことは、確かこの掲示板でも紹介しております。
と、こう書いてくるとまたまた応援団の話題になってくるのは自然の流れなのか私の強引さなのか、ことしも「朝日輝く」をトップで担当しました。実は、やる前に応援団のメンバー(今年はなんと総勢10数名)には「私は今回で最後にする、声量も落ちたしいつまでも続けることはできない」等と妙な格好を付けて「校友会の歌朝日輝く」のあとエールをやった後で一言挨拶をさせて貰いました。
ところが出てきた言葉は「来年43年卒は実は卒業50周年を迎えます」という内容で、我らが高高43会のPRになりました。不思議と、「思っていたこと(今回で応援団はやっと卒業)と違うことが自然と出てくるというのは、その場の雰囲気がそうさせたのか、あるいは私の頭の中が整理されていなかったのか、今でも自分のことながらよくわかりません。
さて二次会は、今回も筒井君のご努力により(二次会の開始時間が早すぎる?ので会場探しに一苦労)リッツカールトンに近い場所で木村、久保、濱野君ら3名と合流、例によって四三会のハイレベルな話と来年の新年会や50周年の集まりを皆で参加しよう、いや、関西四三会の50周年はどうする?・・・次回集まるときにまた連絡しよう・・・誰かがしきってくれるでしょうと私は例によって「果報は寝て待て」です。
毎度支離滅裂な事ばかり書いてすみません。
この頃は毎日雨雨で、今も台風が接近、風もやや強まってきていますが今回も「大阪のおばちゃんは怖いから」台風も避けて行くでしょう。
それでは四三会の皆さま、お元気で!また会いましょう!


関西四三会 投稿者:しのはら 投稿日:2017/01/29(Sun) 21:33 No.509  
本日12時から奈良ロイヤルホテルにて、関西四三会が開催されました。そうです、奈良ロイヤルにつきましては昨年発行の「四三会便り」に山下明君に投稿して頂いているとおりです。
出席者は、奈良に四十数年在住の安西君(今回初参加)をはじめ東さん、加藤君、菊池君、北山君、木村君、久保君、筒井君、濱野君、日野さん、森さん、山下君夫妻、と私篠原の14名です。沙山華にて美味しいごちそうをいただきました。
話の内容はいろいろで、トランプ大統領をはじめ、老親を看ている話等いつもどおり話題にはこと欠きません。
そのなかで、昨年末お母様(90歳)を亡くされたという話を聞き、私も91歳の要介護5の母が健在であることを話したら、94歳や97歳のお父様やお母様とも同居されているという人の話を聞き、お互いまだまだ頑張らねばと気持ちを新たにした次第です。
さて、食後の散歩ということで、奈良ロイヤルの近くにある平城京へ行きました。そうです、ここは近鉄奈良線の車窓から良く見える「大極殿」「朱雀門」があるところで、実際に歩いてみると相当に広くて、日頃のwalkingのかわりになるかなあという感じです。平城京遷都という歴史のロマンに浸り、高高時代の日本史を少し思い出したところです。
奈良ロイヤルのかた、ご案内ありがとうございました。山下君がガイドしてくれたらもっとよかったのに・・と思いました。
天気も、このところの寒さも和らぎ、雨も少々降ってきたが、とても楽しいひと時を過ごすことができました。
以上皆さま有難うございました。また次回、元気にお会いできる日を楽しみにしております。



高高四三会開催 投稿者:しのはら 投稿日:2017/01/03(Tue) 11:45 No.508  
四三会の皆さま、2017年、平成29年明けましておめでとうございます。
昨日高松センチュリーで恒例の四三会が実施されました。関西四三会からは、岡君北山君と私の3名だと思います。総勢40〜50名でうち女子は4〜5名です。
会の冒頭には上野会長から、高齢の物故者黙祷で「四三会便り」では少数でよかったと思いきや、なんと7名とのこと、丁度1年前に親しく話ができた中山君をはじめ、仲君頼君吉崎君(女子もいたが御免なさい判りません)・・・我らが3年8組が一番多かったように思います。合掌。
さて今回の校歌応援歌は3曲(朝日輝く、高高、校歌)でした。そのあと、初参加の2名(うち女子1名で、久しぶりに高松に帰ってきたとのこと、御免なさい名前を失念しました)。
それにしても我らが同窓生、確かに年を重ねて幾星霜みなそれぞれの人生を歩まれ、これからも素晴らしい人生を歩んで行くんだなあと私も励まされた次第です。
さあ、いよいよ我々四三会のメンバーも来年は卒業50年(来年昭和93年−43年卒=50年)だ!
新しい年のスタートだ!また1年、健康で過ごしていけるよう、がんばるぞ!
皆さまのこの1年のご健勝を祈念いたします、とともに50周年の記念四三会に全員が集まれるよう祈念致します。
【記事削除フォーム】
記事No 削除キー

- KENT & MakiMaki -